忍者ブログ
美容と健康に関する豆知識について綴ります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本食って結構日本人だけではなく各国いろんな方の口にもあうようですね。その証拠にフランス・パリの中心部にあたるサンタンヌ通り一帯は、日本食レストランなどのアジア系店舗の集中が進んでいるそうです。考えてみると昔からあるパン屋さんが居なくなってしまうのは、地元の人が買いに行かなくなったからだと思うのです。ヨーロッパでも有数の「日本食街」として知られるサンタンヌ通りですが、新しいお店が出店できなくなるという事に対して納得できない人もいるようです。 潰れてほしくなければ売上に貢献すればよいという話ですから、日本食の出店規制をした所で、事態が良い方向へ行くともあまり考えられませんね。そのせいかどうかは不明ですが、なじみのパン屋や肉やが消えてしまうと懸念する住民約200人が、これ以上出店ができなくなる様に出店規制を求める嘆願書を市議会に提出しました。 通りでラーメン屋「ひぐま」を経営している平田さんは、お客さんの95%以上はフランス人で、来る人はみんな楽しみに訪れてくれるのに、今回の規制は一方的すぎると規制への動きに反対の姿勢を示しました。この嘆願書が受理されて新しく出店規制が行われるようになると、同地区への新たな出店が難しくなるそうです。 フランスでは1980年代にパリには日本料理店が50軒程度しかありませんでした。しかしその後すしブームの乗って90年代後半からは日本料理店が急増し、現在は1000店にも増えているそうです。
キャミソール

キャミソール 画像

キャミソール 重ね着

キャミソール 激安

キャミソール 通販

キャミソール レース
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【フランス】パリっ子に人気のサンタンヌ通り"日本食街"出店規制の動き アジア系集中、住民が懸念
日本食レストランなどアジア系店舗の集中が進むパリ中心部のサンタンヌ通り一帯で「なじみのパン屋や肉屋が消えてしまう」と懸念する住民約200人が、出店規制を求める嘆願書を市議会に提出、実態調査の実施がこのほど決まった。欧州有数の「日本食街」として知られる同地区だが、新たなレストラン開店が難しくなる恐れもある。
URL 2009/05/06(Wed)10:28:57
116  115  114  113  112  111  110  109  108  107  106 
美容と健康の豆知識忍者ブログ[PR]